2020年8月 オンラインセミナーご案内

ポスト・コロナ時代の社会を切り開いていく異才・異能はどうやって育っていくのでしょう? これまでのように受験競争を勝ち抜いてトップ校を卒業し,一流企業に就職するモデルは大きく変わろうとしています。ICTを活用した個別最適な学び,STEAM教育などもこれからの教育として注目を集めています。そこでは,万能で協調性や社会性があるだけでなく,創造性が重視されるようになってきています。しかし,時代を切り開いていく子どもにはそれとは別に突き抜けた個性が必要な気がします。どの子どもが異才・異能なのか見分けるすべはありません。しかし、全ての子どもにその可能性は秘められています。子どもは自分の特性に応じて適応的に行動していきます。この特性を活かせるような環境が子どものパフォーマンスを最大限に引き出す鍵だと思います。

この企画では,異才発掘プロジェクトのディレクターである東京大学中邑賢龍教授が,特別支援教育,ロボット工学,音楽のトップランナーとこれからの子育て・教育・生き方について議論します。皆さんの質問も受け付けますので,一緒にニューノーマル時代を考えてみませんか。