ATAC(エイタック)とは

1996年にスタートして以来、ATAC(エイタック)は、支援技術AT: Assistive Technology)と拡大・代替コミュニケーション技術AAC:Augmentative and Alternative Communication)をキーワードに、障害のある人の生活を変える様々な技術を伝達するカンファレンスを実施してきました。

人の「学ぶ・働く・暮らす」に対する興味から、この新しい考えを巻き起こそうと奮起してきたのです。それに付随する技術であるATやAACを伝達する中で、この20年間で様々な技術の知識は広がりました。

しかし、その技術を活用して幸せに学び・働き・暮らす「生き方」の創造・社会の意識の変革・制度の整備のレベルにまでは、まだ達していません。この次のステップに進むことこそ、これからの私たちに必要なチカラだと考えます。

これからの ATAC

近年、AI(人工知能)やロボットが活躍する時代をどう生き抜くかが大きな話題となり、さらには我々をエンハンスメント(能力増強)する技術の発展が躍進を遂げています。このエンハンスメント(能力増強)を我々はどう捉えるべきか、またそれを前提として学び・働き・暮らすための学校や会社はどのようにあるべきか、を議論する時期が来ています。

そうした中、atacLab(エイタックラボ)では、2015年度から従来のカンファレンス主催に加え、以下のキーワードをもって新しい活動を開始しています。

さらに、カンファレンスのあり方も、従来の会場を設けて人を集めるスタイルから、オンラインを活用しつつオフラインの良さをハイブリッドした、より自由で開かれた形式に変更していく予定です。

ATACカンファレンスをはじめとして、atacLabが提供するサービスは、教室の中・会社の中・施設の中・グループの中でどうしたら良いのか悩む人たちに有用な考え方や技術・情報を提供し、多くの方々にお役に立てるものであると信じています。

atacLabが提供する機会・情報